北海道の景品買取所に強盗、従業員にケガはなし2018年8月17日(金)

 8月16日午前1時頃、札幌市白石区の景品買取所勤務の女性(44)に、男が刃物を突き付け、現金約145万円を奪って逃げたとして、札幌白石署は強盗事件として調べている。各メディアが報道した。

 同店では、お盆期間に合わせて通常午後11時までの営業を午前1時まで延長営業していた。女性が一人での勤務を終えて景品買取所の出入り口を出たところ、男が立っていた。刃物を突き付け「金を出せ」と要求。現金を奪って走って逃げたという。同署は閉店時間を狙った計画的犯行として、男を追っているという。女性にケガはなかった。
 
 同署によると、男は身長180cmくらいの痩せ形。服装は黒色の長袖、長ズボンでニット帽をかぶり、マスクをしていたという。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!