IR実施法案、衆院本会議で可決2018年6月19日(火)

 政府から提出されていたカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が6月19日、衆院本会議で自民、公明の両与党ならびに日本維新の会などの賛成多数で可決、参院に送付された。報道各社が伝えた。

 時事通信の報道によると、与党は6月20日までの国会会期を延長し、成立をめざす構え。ただ立憲民主、国民民主、共産などの野党各党は、ギャンブル依存症を助長する強く反発、参院でも激しい攻防が予想されるとしている。

 法案ではIRの設置箇所は国内3箇所(1箇所につきカジノオペレーター1社)までに制限。日本人の利用には1回あたり6,000円の入場料を徴収するほか、週3回、月10回までの入場回数制限を設けるなど依存症防止策を明記した。本人確認はマイナンバーカードを利用する。

 設置制限については最初のIR認定から7年後に見直すことも明記している。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年8月26日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず