ダイナムPB機が新規則機で登場2018年5月14日(月)

『PAナナシーDX 88GO』

 ダイナムはこのほど、豊丸産業と共同開発したPB機『PAナナシーDXII 88GO』合計1,000台を6月中旬より、ダイナムジャパンホールディングスグループの店舗へ順次導入することを発表した。

 同機は2月1日に施行された改正規則で適合を受けた新規則機。一般電役タイプのため設定は非搭載。客に安心してより長く楽しんでもらうため、大当たり確率を1/88.92に設計。また、大当たり出玉、演出面は同社が2015年8月に発表して好評を得た前作『CRAナナシーDX DS』を踏襲した。

 そのほか、ダイナムの選抜スタッフ「DYN48」メンバーのナレーションボイスを収録するなど、同社PB機でしか味わえない楽しさも搭載している。

同社では今後も積極的に新規則機へチャレンジしていく方針だ。

(c)TOYOMARU

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月14日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!