今話題の「Amulive」が正式にリリース2018年4月6日(金)

同社倉庫内にて現在100機種308台が設置されている。

 株式会社IoTエンターテインメント(中央区銀座・原田宏一代表取締役)は4月5日、都内のGINZA Lounge ZEROでオンラインライブアミューズメントサービス「Amulive」(アミュライブ)の正式リリースに伴う記者発表会を開催した。

 同サービスは、インターネットを利用してスマートフォンやパソコン、タブレットから、場所や時間を選ばずにいつでもパチンコ・パチスロの実機で遊ぶことができるオンラインサービスとなっている。

 遊戯希望者は、ユーザー登録後にポイント(LP)を購入、サイト内に存在する仮想店舗で遊戯したい台を選択して遠隔地から遊戯するというもので遊戯終了時には、獲得したメダルが再びポイントに変換される。獲得したポイント再遊戯に使用できるだけでなく、今後新たに展開していく「フィッシングライブ」や「フォーチュンライブ」といったサービスともポイントを共有して使用可能になるという。遊戯機は全て実機で各台にはライブカメラが設置されている。遊戯は各端末を使用して遠隔操作で行う。通信状況や使用している端末のスペックなどにより多少のタイムラグが生じる場合もあるが基本的にはボタン操作などのタイムラグはほぼ感じずに遊戯可能となっている。機種ラインナップも豊富で、今のホールでは遊戯することができなくなってしまった4号機や5号機なども遊戯可能で、現在は100機種308台が稼働中。今後さらに台数を増やしていくほか、今年の中頃にはパチンコも実装予定だという。

 今後の展望について原田代表は、「弊社ではパチンコ業界様との『共存・共栄』を考えている。やむなく閉店してしまった店舗や、今後新たな事業展開をしたいホール様と共同でフランチャイズ事業の展開を考えている」と述べたほか、今期の目標として100万ユーザーの獲得と1万台の設置を目標としていることや、オンラインアミューズメントに対する第三者機関を発足させることなどを明かした。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月16日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず