中部遊商、街頭防犯カメラ7台を寄贈2018年3月30日(金)

防犯カメラの贈呈に対し、本郷学区区政協力委員長から林理事長に感謝状が贈られた。

 全商協所属の中部遊技機商業協同組合(林和宏理事長)は3月20日、社会貢献活動の一環として名東警察署生活安全課と連携し、街頭防犯カメラ7台を名古屋市名東区本郷学区へ寄贈した。

 寄贈にあたり開催された防犯カメラ贈呈式には名東警察署長、本郷学区区政協力委員長、学区の方約20名が出席。林理事長が挨拶したほか、寄贈に対する感謝状が贈られた。

 同組合では今後も犯罪の未然防止及び地域住民の安心安全なまちづくりのため、今後も継続して寄贈していきたいとしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月14日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!