不法就労助長容疑でパチンコ部品製造会社社長逮捕2018年2月27日(火)

 不法滞在中と知りながらフィリピン人男性を働かせたとして名古屋市のパチンコ部品製造会社・八代開発社長の加納庸扶(つねもと)容疑者(37)が逮捕された。CBCニュースが伝えた。

 逮捕容疑は不法就労助長。昨年12月から今年2月にかけて不法就労させた疑い。このフィリピン人男性が派遣された工場では難民認定申請中で働く資格がない約20人のフィリピン人が働いていたともCBCニュースは報じている。

 加納容疑者は容疑を認めているという。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん