不法就労助長容疑でパチンコ部品製造会社社長逮捕2018年2月27日(火)

 不法滞在中と知りながらフィリピン人男性を働かせたとして名古屋市のパチンコ部品製造会社・八代開発社長の加納庸扶(つねもと)容疑者(37)が逮捕された。CBCニュースが伝えた。

 逮捕容疑は不法就労助長。昨年12月から今年2月にかけて不法就労させた疑い。このフィリピン人男性が派遣された工場では難民認定申請中で働く資格がない約20人のフィリピン人が働いていたともCBCニュースは報じている。

 加納容疑者は容疑を認めているという。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!