「背面調査」全額事業者負担明記へ/IR実施法案2018年2月20日(火)

 今国会に政府が提出をめざすIR実施法案に、カジノ申請事業者に実施する「背面調査」費用の全額事業者負担が明記される方向だ。2月20日付読売新聞が伝えた。

 報道によると背面調査費用はカジノのある国のほとんどで申請事業者の全額負担が通例となっている。政府もこの流れに沿う方針。

 背面調査では申請事業者の財務状況や訴訟履歴、反社会的勢力の関与などを調べる。政府は全額負担とすることで参入へのハードルを高くし、暴力団などの反社会的勢力や不適格事業者を排除する狙い。調査は内閣府に設置される「カジノ管理委員会」が実施。同委には警察庁職員が出向する。

 政府は3月中旬までにIR実施法案を閣議決定したい考え。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月14日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!