みなし遊技機の早期撤去要請〜兵庫県遊協2018年2月15日(木)

 兵庫県遊協では2月9日に臨時理事会を開催。みなし遊技機の早期撤去を決議し、同日中に組合員に通達した。

 今回の臨時理事会は2月6日に県内のホールが県警本部の立ち入りを受け、みなし機の稼働を停止し、撤去するよう指導を受けた事案を受けて行われたもの。

 組合員に発出した文書では、
・みなし遊技機は早急に撤去する。
・但し、甘デジタイプのパチンコ機(初当たり確率1/100以上)、ノーマルタイプのパチスロ機は猶予期間がある。
・甘デジタイプのパチンコ機、ノーマルタイプのパチスロ機も、検定切れのみなし機、2月1日以降にみなし機となったものは撤去の対象となる。

 などを通達。猶予が認められる機種については組合への確認を呼びかけているが、猶予期間については未決定のため組合から後に連絡する、としている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月21日(火)のイベント

  • 岩手県遊技業協同組合 総会
  • 三重県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん