ダイナム、PB『ごらく』シリーズ2,000台導入2018年2月8日(木)

『CRフィーバーパワフル2018DS』

 ダイナムは、株式会社ジェイビーと共同開発した『CRフィーバーパワフル2018DS』、『CRフィーバークィーン2018DS』の合計2,000台をダイナムジャパンホールディングスグループの店舗へ順次導入すると発表した。

 2機種は、1月27日に発表した同社新プライベートブランド『ごらく』シリーズの第一弾。『CRフィーバーパワフル2018DS』は2月5日から、『CRフィーバークィーン2018DS』は2月19日から、それぞれ1,000台の導入を予定している。

 『CRフィーバーパワフル2018DS』のスペックは、大当たり確率1/109.8(高確率時1/12.0)、確変突入率100%(ST8回)、大当たりラウンド4R(31.7%)or6R(57.4%)or14R(10.9%)、出玉320個or480個or1,120個(いずれも払出値)、電サポ25回、75回、100回。

 4Rの比率を抑え、メインの6Rの比率を高めている点が特長で、6R後には75回転の電サポが付く。

 『CRフィーバークィーン2018DS』のスペックは、大当たり確率1/109.8(高確率時1/12.0)、確変突入率100%(ST8回)、大当たりラウンド5R(80.2%)or15R(19.8%)、出玉400個or1,200個(いずれも払出値)、電サポ40回、100回。

 特長は甘デジスペックながら、15Rの比率を約20%まで高めたこと。ドラムの各図柄にはダイナム公式キャラクターのモーリーズが隠れている。
(C)SANKYO

  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月20日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?