ダイナム、PB新ブランド『ごらく』を発表2018年1月27日(土)

ダイナムのPB新ブランド『ごらく』を発表した藤本社長(右)。今後のPB機には『ごらく』のロゴマークが盤面や映像に搭載される。

 ダイナムは1月27日、東京・荒川区の本社ビルで「プライベートブランドパチンコ機お客様体験会」を開催し、同店会員の中から来店回数の多い優良顧客を招待したほか、PBの新ブランドを発表した。

 新ブランドの名称は『ごらく』。同社の藤本達司社長は、「パチンコを日常の娯楽にするという強い想いを込めた。今後発表するダイナムPB機は『ごらく』シリーズとして展開する」と述べ、「楽しく、安心していただける、ダイナムが自信を持って提供する『ごらく』シリーズを店舗で体験してほしい」とアピールした。

 『ごらく』シリーズの第1弾として『フィーバーパワフル2018』、第2弾『フィーバークイーン2018』も同時発表した。

 『フィーバーパワフル2018』のごらくシリーズは、ナショナルブランドと比べて大当たり確率がやや低く、その分、6R大当たりの比率を高めているのが特徴。時短回数も75回転とし、引き戻しの期待が持てるスペック。

 『フィーバークイーン2018』のごらくシリーズは、ナショナルブランドの16R(12%)を、15R(19.8%)に変更。15Rの比率を高めることで大きな当たりを体験しやすくした。

 同社では2006年にPB機第1弾を開発し、2017年12月末までに59機種4万7,703台を導入してきた。今後はPB機の開発・導入に力を入れ、2021年度までにパチンコ台数の約14%、1店舗あたり平均44台(1ボックス)の設置を目指す。

 また、当日は都内会員の中から来店頻度の多い優良顧客22名を特別招待し、『ごらく』シリーズを含めたPB機12台を体験してもらった。


  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん