推進機構、30年度の立入検査目標は2,200店舗2018年1月26日(金)

 一般社団法人遊技産業健全化推進機構は1月18日の定例理事会で、平成30年度の立入検査の目標店舗数を2,200とすることを決議した。

 立入検査活動については、新たな不正改造の手口に対処するため、可能な限り多くの店舗を調査することとし、さらに計数機検査、遊技機性能調査も継続実施していく方針。

 1月26日付のリリースで報告した。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月21日(火)のイベント

  • 岩手県遊技業協同組合 総会
  • 三重県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん