中国遊商、福祉施設の祭典「FKS21」に参加2017年10月20日(金)

子どもたちも多く訪れた中国遊商ブース。

 中国遊技機商業協同組合(松原陽輔理事長)は10月9日、岡山県笠岡市の道の駅「笠岡ベイファーム」で開催された「第8回FKS21~福祉施設の祭典」に後援し、同組合から松原理事長のほか社会貢献委員等12名が参加した。

 「FKS21~福祉施設の祭典」は、障碍者福祉等の社会参加促進等を目的に開催されているもの。同組合は昨年に引き続きの参加となった。開会式では松原理事長から実行委員会委員長に対して5万円の寄付金が贈呈された。

 当日、中国遊商は輪投げやパチンコ遊技機を設置しゲームを楽しんでもらうためのブースを設けた。ブースには子ども連れの家族や年配の方も来場し、輪投げの成功、失敗に悲喜交交し、成功数に応じて配られたお菓子のほとんどが品切れ寸前となるなど大好評だった。また、パチンコを通して遊技の楽しさを体験してもらった。

 そのほか「のめり込み防止」用ティッシュの配布や、横断幕を掲示し同組合の取組みの広報・啓発活動に努めた。

 なお、ゲームによる収益金1万1,300円は全額、寄付金として山本絋司社会貢献委員長から実行委員会委員長に贈呈された。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!