東京の認定希望台数は約15万8,000台の見込み2017年10月18日(水)

 都内ホールの規則改正に伴う認定申請希望台数は、10月18日時点で5万6,000型式、15万8,000台となっている。同日に行われた東京都遊協の経営者研修会で、佐藤統機械対策委員長が報告した。9月末から10月初旬にかけて実施した認定申請希望の再調査の結果で、回答率は95%となっている。

 全日遊連主導で8月に実施していた調査では、認定申請希望台数は都内で約5万台だった。再調査で約3倍に増えており、都遊協では「規則改正に伴う認定申請の手引き」を作成したほか、各店舗に対し、取引のある販社と打合せを行い、早めに計画を立て、スムーズに認定手続きが完了するよう呼び掛けている。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!