障害児施設に409万円寄付、業界から善意集まる2015年5月7日(木)

 遊技業界有志で結成する「島田療育センターを守る会」(稲葉憲司代表)は4月23日、東京・多摩市にある重症心身障害児(者)施設・島田療育センターに対し、平成26年度分の募金409万4464円を寄贈した。募金は、「守る会」の呼びかけに都内の遊技関連団体や企業などが協力した。

 島田療育センターは、昭和36年(1961年)に設立された日本初の重症心身障害児(者)施設。設立にあたっては、当時の東京・日本橋遊技場組合長だった故島田伊三郎氏が1万数千坪の土地を寄付するなど、遊技業界とはゆかりが深い。センターの経営難が取り沙汰された際、都内の遊技業界関係者有志が「守る会」を発足させ、昭和50年から毎年、センターへ募金の寄付を続けている。

 今回の寄付は40回目にあたり、累計寄付金額は2億4105万8943円となった。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年7月21日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年8月号
    • 特集
      知れば得する 助成金&補助金
    • Special Interview
      兼次民喜 日本電動式遊技機工業協同組合 理事長
    • 特別対談 
      梶川弘徳 × 髙橋正人