マルハン、北海道に義援金5,000万円を寄付

投稿日:

北海道庁を訪問し、マルハンの藤田進取締役兼経営企画本部長(写真左)から高橋はるみ知事(写真右)に寄付金が贈呈された。

 マルハンは12月10日に北海道庁、11日に札幌市清田区役所と厚真町役場を訪問し「平成30年北海道胆振東部地震」に対する災害見舞金並びに義援金の寄付を行った。

 同社では全国の店舗で、震災直後の9月8日~10月31日(道内のホールは9月7日から)までの間に実施した、募玉・募メダルによる支援活動分の3,551万2,120円と、同社が拠出した寄付金1,448万7,880円を合わせた合計5,000万円を寄付した。

 内訳は、北海道庁に災害見舞金2,000万円と地震に係る義援金として1,000万円を合わせた3,000万円。札幌市に地震災害義援金札幌市関連として1,000万円。厚真町に地震への義援金として1,000万円となっている。

 同社では、これからも災害被災地支援を継続的に行っていくという。

  • 写真左から、札幌市清田区の小角武嗣区長、マルハン美しが丘店の宮本東市店長、道央エリアの長谷川真エリア長。

    写真左から、札幌市清田区の小角武嗣区長、マルハン美しが丘店の宮本東市店長、道央エリアの長谷川真エリア長。

  • 写真左から、道南エリアの川原正寛エリア長、厚真町の宮坂尚市朗町長、マルハン苫小牧東店の木内治輝店長。

    写真左から、道南エリアの川原正寛エリア長、厚真町の宮坂尚市朗町長、マルハン苫小牧東店の木内治輝店長。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると