ついに設定付きパチンコがホールに登場!

投稿日:

『PフィーバーヴァルヴレイヴW』を9台導入した東京都杉並区の《オーパ》。同店によると、普段はパチスロを打つユーザーも設定付パチンコを楽しでいるという。

 新規則機で注目されている設定付きパチンコが8月20日、全国のホールで稼働を開始した。

 今回ホールに登場したのは、SANKYOの設定付きパチンコ第1弾となる『PフィーバーヴァルヴレイヴW』と、高尾初の設定付きパチンコとなる『P弾球黙示録カイジHIGH&LOW ざわっ…Ver.』、『P学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド 毒島Ver.』の3機種。導入店舗数は全国パチンコ店情報サイトP-WORLDによると8月20日時点で、『PフィーバーヴァルヴレイヴW』が590店舗、『P弾球黙示録カイジHIGH&LOW ざわっ…Ver.』が72店舗、『P学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド 毒島Ver.』が139店舗。

 新たな時代の幕開けとなった当日は、朝から新機能を搭載したパチンコを楽しもうと設置店舗にファンが集まり盛況となった。また、朝から来ることができなかったファンたちも来店と同時に設置場所に向かい稼働状況などを確かめており、設定付きパチンコの注目度の高さがうかがえた。

 なお、今後の新規則機の導入スケジュールは以下の通り
9月2日 『PAミルキーバー』(設定付き)/ニューギン
     『P魔法先生ネギま!』(設定なし)/サンセイアールアンドディ
9月17日 『PフィーバーR-18 Honey ver.』(設定付き)/SANKYO
9月中旬頃『PA地獄少女 宵伽FDZ設定付』(設定付き)/藤商事

  • 東京都調布市の《仙川UNO》では、『PフィーバーヴァルヴレイヴW』を7台導入。開店と同時に満台となり賑わいをみせていた。

    東京都調布市の《仙川UNO》では、『PフィーバーヴァルヴレイヴW』を7台導入。開店と同時に満台となり賑わいをみせていた。

-新台

© 2020 グリーンべると