AA組合がデジタルサイネージジャパンに出展

投稿日:

『ウルトラクロス』はLEDを十字に組んだ最先端のデジタルサイネージ。これが回転することにより3D映像データを残像効果で浮かび上がらせるように見せる。ブースには直径56センチタイプと1メートルタイプが展示された。

 幕張メッセで6月13日から15日まで3日間の会期で開催されている「デジタルサイネージ ジャパン」にアミューズメント産業事業協同組合(AA組合/新井博貴代表理事)が3D映像を浮かび上がらせる新型デジタルサイネージ『ウルトラクロス』を出展した。

 『ウルトラクロス』はLEDを十字に組んだ最先端のデジタルサイネージ。これが回転することにより3D映像データを残像効果で浮かび上がらせるように見せる。ブースには直径56センチタイプと1メートルタイプが展示された。パチンコホールには店頭や島端への設置が想定される。

 またブースには住宅向け風力発電装置『ハイブリッドIoTステーション』と微風でも起動・発電する次世代型風力発電『Bellsion(ベルシオン)式風車』展示されたほか、充電1回10円で45キロの走行距離を誇る電動スクーター『バイクルP3』も並べられた。

  • 直径56センチタイプの『ウルトラクロス』。

    直径56センチタイプの『ウルトラクロス』。

  • 微風でも起動・発電する次世代型風力発電『Bellsion(ベルシオン)式風車』。扇風機1台で大きな風車がまわる。発電された電力により手のひらの形をした照明が点灯されている。

    微風でも起動・発電する次世代型風力発電『Bellsion(ベルシオン)式風車』。扇風機1台で大きな風車がまわる。発電された電力により手のひらの形をした照明が点灯されている。

  • 小型風車でも重さ7.5キロある水入るペットボトルを軽々と持ち上げる。

    小型風車でも重さ7.5キロある水入るペットボトルを軽々と持ち上げる。

  • 1回の充電にかかる電気代はわずか10円。それでいて走行距離は45キロに及ぶ。

    1回の充電にかかる電気代はわずか10円。それでいて走行距離は45キロに及ぶ。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.