幼児車内放置ゼロへ!今年も巡回活動を実施

投稿日:

 回胴式遊技機商業協同組合(大饗裕記理事長)が今年も「幼児車内放置ゼロ巡回活動」を実施することを発表した。

 同活動は販売業者として業界に貢献し、子どもの生命を守ろうという趣旨で平成17年8月1日から取り組んでいるもの。組合員各社に所属する社員等が取引先の遊技場を訪問した際、幼児が車内に放置されていないか、巡回活動中であることを示すビブスを着用して見回り活動を行う。同活動は今年で14年目。

 巡回活動期間の中で5月1日から10月末日までの6ヶ月間を「強化月間」と定め、駐車場に到着時、または出発時のどちらか1回は駐車場内を巡回。また、猛暑が続き特に危険性が増す7月1日から8月末日までの2ヶ月間は「特別強化月間」として定めており、同期間中は駐車場に到着時と出発時、どちらも必ず巡回活動を行うこととしている。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、ご覧の環境によっては正しく表示されない場合がございます。予めご了承ください。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると