STの魅力を最大限追求した「MAXIMIZE」スペック

投稿日:

プレス発表会には多数のプレス関係者が訪れた。

 大一商会は3月7日、同社東京支店でパチンコ新機種『CR翠星のガルガンティア』プレス発表会を開催した。

 同機はSFロボットアニメ「翠星のガルガンティア」とのタイアップ機。STの魅力を最大限引き出すべく「突入力」「疾走感」「期待値」の3要素を徹底的に追求した「MAXIMIZE」スペックで登場する。

 スペックは大当たり確率約1/319.69(高確率時約1/42.28)のSTタイプ。ST突入率はヘソ、電チューともに70%(ST100回)。確変・通常問わず全ての大当たりで電サポ100回転が付与される。また、初当たりの8割が図柄揃いとなり約1,000個の出玉を獲得できる安心設計となっている。

 右打ちモード「ガルガンティアRUSH」中のボーナスは60%が16Rで2,016個(払出値)の出玉を獲得することができるほか、次回もST継続となる。ミドルスペックのSTながら高いST突入力と、高確率時1/42.28という高い確率による大当たりまでの疾走感、そしてST中の大当たり引き戻し率90%の期待値と、大きなポテンシャルを秘めたスペックとなっている。

 納品は一部地域を除き4月15日より開始予定だ。

(c)オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会

  • 『CR翠星のガルガンティア』

    『CR翠星のガルガンティア』

-新台

© 2020 グリーンべると