NEXUSがホテル事業参入、東京タワーも至近距離

投稿日:

NEXUSが提案するニュースタイルホテル。

 首都圏を中心にパチンコホール《D’STATION》をチェーン展開するNEXUS(群馬県、星野敏取締役代表執行役員)がホテル事業に参入、11月3日に東京・港区に「HOTEL NEXUS DOOR TOKYO」をグランドオープンする。東京タワーの夜景を間近に眺められる客室や無料のバーラウンジを用意するなど、快適で充実したホテルライフを提案する。

 ホテルが立地するのは、都営三田線・御成門駅から徒歩1分。すぐそばには芝公園や東京タワーがある。JR浜松町駅や新橋駅、東京メトロの神谷町駅、虎ノ門駅も徒歩圏内で、観光、ビジネスに便利な場所となっている。

 地上13階建てで、客室は全95部屋。2階~12階にはスタンダートな「セミダブルルーム」、ゆったりくつろげる広めの「デラックスダブルルーム」、広々としたベッドが魅力の「ハリウッドツインルーム」、2段ベッドスタイルの「バンクベッドルーム」の4タイプがあり、13階には完全バリアフリー対応の「ユニバーサルルーム」も用意している。

 とくに7階以上の一部の客室からは東京タワーを間近に望むことができ、ベッドに寝ながらライトアップされた東京タワーを眺められる贅沢なひと時を提供する。

 各部屋のベッドは、高級ベッドで人気の「シモンズベッド」を導入。そのほか、全部屋にインターネットと接続した「アップルTV」、使い放題のレンタルスマートフォン「handy」を取り付けるなど、快適な滞在を演出する。また、長期宿泊にもうれしいアイロンがけ専用の「アイロンルーム」も用意している。

 1階はフロントとイートスペース。イートスペースは、アメリカカジュアルの雰囲気で、朝食はパンやシリアルなどを提供する。夜はバーラウンジに切り替わり、宿泊客はビールやハイボールなどが無料で楽しめる。

 宿泊料金はセミダブルタイプが15,000円から。料金はシーズンによって変動する。

  • 東京タワーが望める客室も用意。贅沢なひと時を過ごせる。

    東京タワーが望める客室も用意。贅沢なひと時を過ごせる。

  • 完全バリアフリーで車イス利用者なども利用できるユニバーサルルーム。

    完全バリアフリーで車イス利用者なども利用できるユニバーサルルーム。

  • 1階のイートスペース。夜はバーラウンジに切り替わり、宿泊客はビールなどが無料で楽しめる。

    1階のイートスペース。夜はバーラウンジに切り替わり、宿泊客はビールなどが無料で楽しめる。

  • 1階ロビー。

    1階ロビー。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると