夢コーポ、サーフィンツアーに5回目の特別協賛

投稿日:

迫力の演技を魅せた女子ファイナリストの方々。

 《夢屋》の屋号でホール展開する夢コーポレーションは、7月27日から30日の4日間にわたって愛知県田原市赤羽根町ロングビーチで開催された「JPSAジャパンプロサーフィンツアー2017 夢屋サーフィンゲームス 田原オープン」に特別協賛した。

 大会期間中は台風5号の影響で、普段より波が高く開催が危ぶまれたが、プロサーファーによる迫力ある演技が次々と披露され、観客からは大声援があがった。

 同ツアーへの特別協賛は今回で5回目。同社ではサーフィン競技を通じてスポーツ振興、青少年育成、地域社会の活性化と発展に寄与するため、今後も協賛・協力を継続していきたいとしている。

 また、7月11日から14日には岐阜県山県市の《夢屋高富505店》と地元中学生共同で、地下道への壁画を作成した。

 中学生の通学路でもある「深瀬地下道」を、誰もが通りたくなる地下道にすべく壁画作成を発案し、今回の実現に至った。

 壁画は山県市の魅力をテーマに、高富中学校生徒が描画し、文化部員と同社従業員が色塗りを行った。壁画には山県市のマスコットキャラクター「ナッチョルくん」や、山県市の名物などが描かれた。

 壁画を発案した同社従業員は「今回は片面しか作成できなかったため、来年は反対側の壁画を作成したい」と意気込みを語った。

  • 高波をもろともせず、圧巻の演技を見せた。

    高波をもろともせず、圧巻の演技を見せた。

  • 猛暑の中、山県市の魅力を描いた壁画の色塗りに汗を流した。

    猛暑の中、山県市の魅力を描いた壁画の色塗りに汗を流した。

  • 完成した壁画。壁画には山県市の名物や、マスコットキャラクター「ナッチョルくん」も描かれた。

    完成した壁画。壁画には山県市の名物や、マスコットキャラクター「ナッチョルくん」も描かれた。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると