依存対策の一環で「アドバイザー」講習会開催へ

投稿日:

 全日遊連と都遊協は、パチンコ・パチスロ依存問題に対するホール店舗での取組みの一環として、4月24日に「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会を都内で共催する。

 「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」とは、店舗において、お客等から遊技に関する質問等を受付け、依存問題を抱える相談があった場合にはリカバリーサポート・ネットワークへの電話相談、精神保健福祉センターへの相談等を誘導する窓口担当者のことを指す。

 4月24日に都内で行われる講習会では、遊技業界の依存問題への取組みやパチンコ・パチスロ依存問題の概論、同アドバイザーの役割などを講習する予定。講習終了後には、講習修了証(仮称)の発行も検討している。

 全日遊連では依存問題への対策として、リカバリーサポート・ネットワークの機能強化を掲げている。あわせて、アドバイザーを育成することで、各店舗での依存問題等を抱える人への適切な対応を目指す方針。

 全日遊連では、安心パチンコ・パチスロアドバイザーが全店舗1名以上となるまで、継続して講習会を開催していくという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると