JT担当者講師にタバコ規制の現状を聞く

投稿日:

 余暇環境整備推進協議会は2月14日、都内で理事会及び部会を開いた。

 当日の部会では会員企業による製品、サービスのプレゼンテーションが行われたほか、日本たばこ産業(JT)渉外企画室の畠山信幸氏を講師に招き、昨今の受動喫煙防止をめぐるタバコ規制の状況について話を聞いた。

 畠山氏は各業界団体の動きを動向を報告した他、遊技業界については受動喫煙防止に加え風営法を遵守する必要から、他業種と比べ留意する点が多いこと。また、離席時の置引き防止への対応なども必要になるだろうと話した。

 一方で現状で取るべき対応については、「いまはまだ法律もできておらず、具体的に行動しなければならないガイドラインも見えていない」などと述べ、実際の規制がどのような形になるのか注視していかなければならないと伝えた。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると