娯楽のためのパチンコ台、老人ホームに寄贈

投稿日:

当日は2店舗の店長やスタッフらが施設を訪問、寄贈式後にはさっそくパチンコを楽しんでもらった。

 マルハンが運営する《マルハン旭川永山店》と《マルハン旭川西店》が2月3日、北海道美瑛町にある有料老人ホーム「びえいの郷」にパチンコ台2台を寄贈した。

 寄贈式では、マルハン旭川永山店の北條店長が「この寄贈によって施設利用者の方に楽しく過ごしてもらえたらうれしいです」と寄贈に対する思いを伝えた。施設長やスタッフらは「入居者が楽しめる娯楽が増えてよかった」と喜んでいた。

 今回の寄贈は、同施設の運営会社から、入居者が楽しめる娯楽が少ないため、パチンコ台を施設に設置できないか、との要望を受けて実現したもの。マルハンとしては道内において初めてのパチンコ台寄贈となり、パチンコ台は同社店舗で使用していた台を専門業者が施設用に仕様変更して寄贈した。

 同社では、パチンコ台を寄贈することでパチンコ遊技を通して、健康的で明るい生活、心身のリフレッシュ、コミュニケーションの充実に繋がってほしい、としている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると