マルハンの韓昌祐会長が紺綬褒章を受章

投稿日:

紺綬褒章の受賞の模様。写真左から山内一京都府丹後広域振興局長、韓昌祐代表取締役会長、三崎政直京丹後市長。

 マルハンは韓昌祐代表取締役会長が紺綬褒章を受章したことを発表した。

 紺綬褒章は公益のために私財を寄付し、功績が顕著な個人または法人・団体に対し、日本国政府より授与されるもの。

 韓会長は2015年に創業の地である京丹後市に地域振興と人材育成を願い寄付を実施。同寄付金が「京丹後市韓哲・まちづくり夢基金」設立の基となったことに対し、8月30日に山内一京都府丹後広域振興局長から紺綬褒章が伝達された。同基金は京丹後市の教育・文化・芸術やスポーツ振興のための新産業の興隆や、まちづくりにつながる人材育成等を目的としている。

 同社では企業、個人ともに地域社会との「共感・信頼」、社会の持つさまざまな問題に真摯に取り組み、「良き企業市民」としての責務を果たしていくとしている。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると