ARTゲーム数のカギは「霧幻JAC」にあり

投稿日:

同機を発表する同社マーケット戦略室・長谷川崇彦室長。

 ユニバーサルエンターテインメントは7月12日、同社本社でユニバーサルブロス社製パチスロ新機種『SLOTデッド オア アライブ5』のプレス発表会を開催した。

 シリーズ累計販売本数970万本を誇る世界で一番美しい格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE」とのタイアップとなる同機は、新筐体「BAZOOKA II」を採用。初代「BAZOOKA」に比べスピーカー構成や筐体電飾を大幅に強化。さらにリアルタイム3D性能(画像処理能力)が約4倍増加し、圧倒的な音響効果と映像表現が可能となっており、ゲームならではの臨場感溢れる格闘シーンを堪能できる。

 同機のゲーム性の大きな特長はチャンスゾーン「DEAD OR ALIVE」とART「霧幻RUSH」。「DEAD OR ALIVE」は演出成功でART確定という従来のチャンスゾーンとは一味違い、敵とのバトル展開で報酬が決まる新感覚チャンスゾーン。報酬はART継続のカギを握る「霧幻JAC」でプレイヤーの攻撃内容によって随時報酬を上乗せし、勝利することで全ての報酬を得ることができる。

 ART「霧幻RUSH」はベルナビ回数管理型(5回or50回)で純増は約1.74枚。霧幻RUSHでカギを握るのが、出現率が異なる2種類のベル役(ベルの3つ揃い、ベル・ベル・緑シンボル)と「霧幻JAC」だ。霧幻JACは黄霧幻JAC、緑霧幻JAC、赤霧幻JAC、虹霧幻JAC(プレミアム扱い、ベルナビ50回)の4種類存在し、それぞれでナビ減算する対象が異なる(黄霧幻JAC、虹霧幻JACは両ベル減算、緑霧幻JACはベルの3つ揃いのみ減算、赤霧幻JACはベル・ベル・緑シンボルのみ減算)。

 また、ナビ消費対象にならない「EXTRAベル」が存在。緑霧幻JACはベル・ベル・緑シンボル、赤霧幻JACはベルの3つ揃いがEXTRAベルで、出現率がベルの3つ揃いのほうが高いため、赤JACは平均60G継続となる。EXTRAベル成立時には霧幻JAC上乗せ特化ゾーンの「α-BURST」の抽選が行われている。

 チャンスゾーンでの戦闘展開と、霧幻JACが織りなすARTの新境地を、進化した音響と映像で堪能できる同機は8月21日より納品開始予定だ。

(C)コーエーテクモゲームス
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

-新台

© 2021 グリーンべると