アニメの祭典に業界企業が出展、好感触を得る

投稿日:

3日間で13万5000人以上が来場した「AnimeJapan 2016」。同イベントに協賛したフィールズブースにも連日大勢の人が訪れた。

 国内最大級のアニメの祭典のひとつである「AnimeJapan 2016」が3月25日から27日の3日間、都内・東京ビッグサイトで開催され延べ13万5000人以上が来場した。

 業界からは同イベントに協賛したSANKYO、フィールズがブースを出展したほか、サンセイアールアンドディが東北新社、DAXELがブシロードのブースに協賛。各ブースでパチンコ・パチスロの実機が展示され、来場者は演出を見入ったり、写真を撮ったりするなど高い関心を示した。

 SANKYOはグループ会社のサテライトと併設してブースを出展。今春4月にTV放送開始予定の「マクロスΔ(デルタ)」や「ももくり」といった注目アニメのグッズ販売や豪華ゲストを招いてのステージを開催したほか、『CRF.アクエリオンEVOL』『CRF.機動戦士ガンダム-LASTSHOOTING-』『パチスロ トータル・イクリプス』等の実機を展示。パチスロ攻略マガジンのドラ美さんをゲストに『パチスロ トータル・イクリプス』の遊び方を解説する「パチスロ講座」を実施するなど来場者にパチンコ・パチスロをアピールした。

 フィールズは「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」、「天元突破グレンラガン」、「ベルセルク」、「アクティヴレイド」など人気コンテンツのグッズ等を展示。中でも、「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」の人気は高く、アニメ出演声優陣が登場した特別ステージには多数のファンが詰めかけたほか、ブース内に展示された4月18日ホール導入予定の『CR銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』前は写真を撮る来場者で溢れた。

 サンセイアールアンドディは「牙狼」の等身大フィギュアやキャラクターの衣装、装飾品などを展示した東北新社ブースに「CR牙狼」シリーズの中から6機種を提供。その中にはホール導入前の『CR牙狼復刻版XX』もあり、パチンコファンから大きな注目を浴びていた。

 ブシロードブースに協賛したDAXELはブシロードと共同開発したパチスロ新機種『探偵歌劇ミルキィホームズTD 消えた7と奇跡の歌』を6台設置し試打体験コーナーを開設。コンテンツの人気に加え、4月4日のホール導入直前ということもあり試打体験コーナーの前に順番待ちの行列ができていた。

  • SANKYOブースには実機が展示されたほか、パチスロ攻略マガジン・ドラ美さんを招き「パチスロ講座」を行った。

    SANKYOブースには実機が展示されたほか、パチスロ攻略マガジン・ドラ美さんを招き「パチスロ講座」を行った。

  • サンセイアールアンドディは東北新社ブースに実機を提供するなどして協賛。牙狼人気の火付け役とも言われる初代「CR牙狼」を再現した『CR牙狼復刻版XX』も展示された。

    サンセイアールアンドディは東北新社ブースに実機を提供するなどして協賛。牙狼人気の火付け役とも言われる初代「CR牙狼」を再現した『CR牙狼復刻版XX』も展示された。

  • ブシロードブース内に設けられたDAXELの『探偵歌劇ミルキィホームズTD 消えた7と奇跡の歌』試打コーナーは多くの来場者で溢れた。

    ブシロードブース内に設けられたDAXELの『探偵歌劇ミルキィホームズTD 消えた7と奇跡の歌』試打コーナーは多くの来場者で溢れた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると