確変タイプ×小当たりRUSHでマシンガン出玉を体感

投稿日:

『CRソルジャー』

 マルホン工業は3月7日、東京ショールームでパチンコ新機種『CRソルジャー』のプレス試打会を開催した。

 同機は1993年に同社が世に送り出した名機として名高い『ソルジャー』を、シンプルかつ奥深い3色ドット演出、懐かしい音源など最大限に活かし完全復活。大当たりの半数以上が図柄スクロールによるロングリーチから発生するなど、ノーマルリーチでも目が離せない演出構成も実現している。

 スペックは大当たり確率1/250(高確率時1/40.3)で確変割合65%の確変ループタイプ。大当たりはヘソ、電チュー共に5R、10R、15Rの3種類存在し、最大出玉は1365個(払出値)を獲得できる。

 同機の最大の見所は小当たりRUSH「ソルジャーRUSH TIME(SRT)」。SRT中は小当たりが1/1.03で頻発し、ドット液晶に停止したミサイル図柄の数に応じてアタッカーの開放時間が変化する。同機はSTタイプではなく確変継続タイプで、小当たりが次回大当たりまで頻発するため、大当たりまで長引くほど出玉が増え続けるマシンガン出玉を体感できる。

 SRT中の大当たりは3.7図柄揃いで「ソルジャーBONUS」(5R)、ミサイル図柄揃いで「ソルジャーRUSH TIME HYPER」(5or10or15R)、S図柄揃いで「SUPERソルジャーBONUS」(15R)となりいずれもSRT継続となる。また、3.7以外の数字揃いの「チャレンジBONUS」(5R)はSRT継続をかけたミッションが発生、成功で継続、失敗で終了となり通常時へ戻る。

 SRT効率を最大化させる電チュー、スルー、アタッカーを縦一直線に配置した「直激ダイレクト」機構で絶え間なく増える出玉に、プレイヤーは高揚すること必至だ。納品は4月17日(新潟県のみ4月10日)開始予定。

  • マルホン工業の名機復活とあって多数の業界関係者が試打に訪れた。

    マルホン工業の名機復活とあって多数の業界関係者が試打に訪れた。

-新台

© 2021 グリーンべると