ガンダム先行試打会を開催、落語とのコラボも実現

投稿日:

一足先に『フィーバー機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-』を体感する来場者。

 3月22日のホール導入に先駆けて、SANKYOは2月28日、『CRフィーバー機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-』の先行試打会を東京・秋葉原の「ベルサール秋葉原」で開催。ガンダムファンやパチンコファン、日曜日の秋葉原を往来する人達など約5500人が来場した。

 会場には、18歳以上なら誰でも参加できる28台の試打機を用意。「ヘソ5個賞球」「継続率83%のG-RUSH」「幻のモビルスーツ」など、最新機種の性能を一足先に体験できるとあって、12時の開場前から大勢のファンが詰めかけ、行列は16時の閉場まで続いた。

 また、ガンダム好き、パチンコ好きのお笑い芸人らも多数出演。シャアに扮した「ぬまっち」をはじめ、ラジバンダリ西井、インスタントジョンソン、新宿カウボーイ、どきどきキャンプの各お笑い芸人とタレントの中村葵さんが、ガンダムをネタに大喜利に挑戦したほか、お笑いコンビ「ハマカーン」とパチンコライターの森本レオ子さんが「初めてのパチンコ講座」を紹介。ガンダム通で知られる土田晃之さんを加えてのトークショーも行われ、ガンダムの魅力、新機種の見どころを来場者にたっぷりと伝えた。

 さらに今回は新たに試みとして、機動戦士ガンダムと落語のコラボレーションを実現した頑駄夢落語「らすとしゅーてぃんぐ」を落語家・立川志らくが公開。江戸を舞台に大工の棟梁のアムロウ、「赤い半纏のシャア」の異名を持つ穀物問屋の旦那が長屋の家賃を巡って対立。原作のキャラクターたちが思いも寄らぬ人物になって登場するなど、ガンダムの世界観を面白可笑しく江戸の世界に落とし込み、会場を盛り上げた。

 そのほか、ガンダムオリジナルグッズがもらえるジャンケン大会やアーケードゲーム「戦場の絆」を使ったイベントなども実施。ガンダムにちなんだ盛り沢山のイベントで最後まで来場者を楽しませた。

  • ガンダム好き、パチンコ好きのお笑い芸人が多数出演し、ガンダムにちなんだイベントで盛り上げた。

    ガンダム好き、パチンコ好きのお笑い芸人が多数出演し、ガンダムにちなんだイベントで盛り上げた。

  • 頑駄夢落語「らすとしゅーてぃんぐ」を公開した立川志らく。

    頑駄夢落語「らすとしゅーてぃんぐ」を公開した立川志らく。

  • 入店から遊技までの流れを楽しく解説したハマカーンと森本レオ子さん。

    入店から遊技までの流れを楽しく解説したハマカーンと森本レオ子さん。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると