ライトスペックに個性的な2機種を投入

投稿日:

『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』

 フィールズはパチンコ新機種『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』(ビスティ)、及び『CRA魁!!男塾Light Ver.』(Daiichi)の2機種を発表した。

 ともに遊びやすさを追求したライトスペックながら、2400個出玉や高継続STなど個性的なゲーム性での登場。

 『CRヱヴァンゲリヲンX PREMIUM MODEL』は大当たり確率1/128.0のライトスペックながら2400個出玉を搭載。電チューからの大当たりの12%で最大出玉を獲得できる。その他の大当たり出玉は450個or1050個。

 確変は継続率65%のループタイプで、通常大当たり後の時短は95%が10回だが、5%で100回転が選択される。

 一方、『CRA魁!!男塾Light Ver.』は大当たり確率1/99.9(高確率時1/52.2)のV-STタイプ。ヘソからの大当たりは98%が通常だが電サポが55回転付与され、引き戻しからのST突入がメインルートとなるゲーム性。STは74回転で継続率は約76%。電チューからのの大当たりは60%が16ラウンド確変(払出出玉960個)となる。

 納品は両機種とも2月上旬開始予定となっている。

(c)カラー (c)Bisty (c)SANKYO
(c)宮下あきら/集英社・東映アニメーション
(c)Sony Music Artists Inc. (c)イノキ・ゲノム・フェデレーション (c)亀田プロモーション

  • 『CRA魁!!男塾Light Ver.』

    『CRA魁!!男塾Light Ver.』

-新台

© 2021 グリーンべると