A-gonが新規加入~日工組総会

投稿日:

 日本遊技機工業組合は5月25日、都内で第55回通常総会を開催した。

 任期満了に伴う役員改選では金沢全求理事長を再任。金沢理事長は、「のめり込みやファン減少などについて協議し、対策のため4つのスローガンを決議した。これを徹底して実行することで真の大衆娯楽、気軽に遊技できる環境構築に繋がると思っている。今後も他団体と一緒に業界の健全化、発展に向けて一緒に活動したい」などと挨拶した。

 なお、スローガンは「射幸性を抑えた取り組みを確実に実行し手軽で安価に遊べる遊技機の開発・製造に努める」「不正事案を撲滅し安心できる遊技環境を構築するため、不正に強い遊技機、不正を発見しやすい遊技機の開発を推進する」「業界の将来を見据えたECO遊技機の実現に向け施策を推進する」「コンプライアンスの徹底を図り自覚と責任を持って業界の健全化に努める」の4点。

 前年度のパチンコ遊技機に対する証紙発給枚数は約214万枚(遊技盤90万枚を含む)で前期比7万枚増。一方回胴式遊技機は約26万枚で、約20万枚の大幅減となった。遊技機回収システムによる処理済み遊技機は約163万台(ぱちんこ139万台、回胴式24万台)だった。

 また、総会では(株)A-gon(エイゴン・金子亮太社長)の新規加入が承認された。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると