アリストクラートが日本市場から撤退

投稿日:

 アリストクラートテクノロジーズの親会社であるオーストラリア・アリストクラート社は4月21日、同社ウェブサイトに日本のビジネスに関しての声明を掲載、アリストクラートテクノロジーズを閉鎖し日本のパチスロ事業から撤退することを発表した。

 アリストクラートテクノロジーズの子会社であるスパイキーに関しては、『ブラックラグーン2』などリリースされたパチスロ機のサポートのため、当面継続させる。

 声明では、日本のパチスロ事業における規制の不確実さや、競争の激化による業績の不安定さが同社の利益に繋がらない点を、日本市場撤退の理由として挙げている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると