回胴遊商、新規加盟組合員講習会を実施

投稿日:

 回胴遊商は4月20日、都内で新規加入組合員講習会を開催、4月1日に入会した13社が参加した。

 冒頭で挨拶した伊豆正則理事長は、のめり込み、置引きの防止、闇スロの3点を業界の取り組むべき課題として挙げたうえで、「当組合は3年前から闇スロ撲滅に取り組んでいる。新たに入会した皆さんも誇りと自覚、責任を持って活動してほしい」と新規組合員を激励。

 続いて、事務局が同組合の歴史や活動、業務に関わる手続等について説明。同組合の存在意義について「流通段階の遊技機に対する不正の防止だ」と改めて強調し、「ルールをしっかり守り、業界全体が社会から信頼される組織にならなければならない」と自覚を求めた。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると