『ガン×ソード』常識をブッた斬るATで登場

投稿日:

『ガン×ソード』の発表に花を添えたティアラスウィート

 KPE・高砂は4月7日、ザ・キャピトルホテル東急(鳳凰の間)にて、TAKASAGO製パチスロ新機種『ガン×ソード』を発表した。同機は新技術「スラッシュAT」を搭載することにより、新基準に対応しながらも通常ベースを従来のAT機と遜色ない32G&AT純増2.8枚を実現し、常識をブッた斬るスペックになっているのが特長だ。

 本機は復讐完遂型AT機(REVENGE BATTLE確率1/248~1/185、機械割96.8%~110.2%)と銘打ったバトルタイプATで、敵とのバトルに勝利すれば継続確定というわかりやすい仕様となっている。AT「REVENGE BATTLE」はゲーム数の上乗せを全て排除し、その全てを継続率に集約させ、継続率は77%~98%でAT突入時の図柄によって変化する。

 また、単発の連続で発動し継続率に変化が起きる「復讐モード」や、AT中のカギ爪図柄が揃うと突入し3セット以上無敵状態(継続確定)となる「OVER FLOW」などアツいモードも用意されている。

 さらに業界初の新システムとして、「周期融合抽選」を搭載している。32、64、128、256Gの4つの周期による融合抽選で、複数の周期が重なるほど期待度が上昇する。システム面もさることながら、タッチセンサーや動き回るサブ液晶などを搭載した本機の専用筐体「オリジナル7」が遊技をさらに盛り上げる。メイン管理にすることにより、サブ液晶やタッチセンサーと連動したさまざまなリール演出を可能とした。

(c)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(c)TAKASAGO ELECTRIC INDUSTRY

-新台

© 2021 グリーンべると