中部遊商が愛知県内2学区に防犯カメラ寄贈

投稿日:

 中部遊技機商業協同組合(林和宏理事長)は昨年に引き続き、防犯CSR活動として愛知県内の2学区に防犯カメラ計11台を寄贈。12月18日に豊田市内の区民会館で警察関係者や寄贈先の自治体関係者、防犯隊員等が参列の元、贈呈式が行われた。中部遊商からは前島副理事長、山名専務理事が出席した。

 今回防犯カメラが寄贈されるのは豊田市の若園学区(5台)と長久手市の長久手南学区(6台)。贈呈式では山名専務が「防犯カメラは犯罪抑止効果が大きく、多くの地域の方々から設置要望が寄せられていると承知している。今後も地域の安全安心に役立つ活動を継続していきたい」と挨拶。地元自治体からは謝意が寄せられた。

 贈呈式終了後には同所で防犯カメラの点灯式を実施、防犯カメラが設置された若園小学校通学路の視察も行った。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると