NEXUS、富士スピードウェイで内定式開催

投稿日:

富士スピードウェイのサーキットで記念撮影する内定者ら。

 群馬県を中心に「D’ステーション」をチェーン展開するNEXUSは10月27日、静岡県の富士スピードウェイで2014年度内定式を開催した。

 同社の2015年4月採用の内定者は計90人。大卒66名、高卒24名で、このうち大卒内定者64名が参加した。

 内定者を前に星野敏社長は、「サーキットでの内定式を行った企業はないのではないか。当社は業界の中でも新しいことに挑戦している。11期生として入社する皆さんにも、業界を変えるような新しい取組みに挑戦してほしい」と訴えた。

 内定証書の授与式後には、サプライズゲストとしてモータースポーツGT-300クラスで活躍する同社契約ドライバーの藤井誠暢選手と、D’ステーションのイメージキャラクターを務めるタレント・南明奈さんが来場。

 藤井選手は「日本に数台しかないスーパーカーやレーシングカーを用意しました。今日はこれらに乗って、サーキットを走行できます。一日楽しんでください」と挨拶。

 内定者と同じくリクルートスーツに身を包んだ南さんは「内定おめでとうございます。これからD’ステーションを一緒に盛り上げていきましょう」とエールを送った。

 その後、内定者はサーキットに出て、この日のために集められたスーパーカー11台と同社がサポートする「SUPER GT」のレーシングカー3台の助手席に試乗。全長4400メートルの富士スピードウェイでの貴重なドライブと思い出を共有した。

  • 内定式では星野社長が「業界を変える挑戦」を求めた。

    内定式では星野社長が「業界を変える挑戦」を求めた。

  • サプライズゲストとして藤井選手や南明奈さんも来場し内定式に花を添えた。

    サプライズゲストとして藤井選手や南明奈さんも来場し内定式に花を添えた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると