カジノ法案の成立に自民「慎重姿勢」

投稿日:

 国際観光産業振興議員連盟(IR議連/会長・細田博之自民党幹事長代行)が今臨時国会で成立をめざすカジノ推進法案をめぐり、読売、日経が最近実施した世論調査で、ともに反対が約6割に上っていたことが10月28日付の読売新聞朝刊が伝えている。

 報道によるとこうした結果を踏まえて政権第1党の自民党は今国会での成立可否を慎重に見極める考えだ、としている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると