次の10年に決意新た!同友会が20周年式典

投稿日:

業界団体トップによるパネルディスカッション。

 今年で創立20周年を迎えた一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会は10月15日、都内で記念式典を開催した。

 記念式典の式辞で松田高志代表理事は同会設立以来の20年を振り返るとともに、「同友会はかつても、これからも、パチンコ・パチスロ産業を愛し、より成長させ、世界に誇れる日本の文化に昇華させる。よりよい産業の答えを求めて今後も走り続ける」と力強く宣言した。

 あわせて、業界に山積する諸問題の解決を図るため、各業界団体の垣根を超えた、議論にとどまらないスピーディーな実行力の必要性、同会のかねてからの悲願でもある一本化した業界広報窓口設置の必要性にも触れた。

 その上で、「参加人口増加に具体的な数値目標とアクションプランが必要だ。まずは10年後までに2000万人を目指そう」と訴えた。

 また、行政からは警察庁生活安全局保安課・大門雅弘課長補佐が出席し、楠芳伸課長の講話を代読。このなかで「のめり込み問題への対策」「賞品の問題」「遊技機の不正改造の絶無」「広告宣伝の適正化」「ホールにおける置き引き対策」の5点に触れた上で、

「ぱちんこ業界は、ぱちんこ遊技が行われる場において犯罪や違法行為が許されない雰囲気を熟成させる社会的責任を担っており、営業所内において、営業者や従業員が犯罪や違法行為を犯さないことはもちろんのこと、来店する遊技客に対しても犯罪を起こさせないといった基本的な事項を前提とした上で、手軽に安心して楽しめる遊技を提供していただきたい」と結んだ。

 当日はこの他、単身アメリカに渡りアメリカンドリームを体現した吉田ソースの吉田潤喜会長が記念講演し、「本物の戦略は100%のパッションからくる」をテーマに登壇したほか、「業界トップが語る、パチンコ・パチスロの未来」をテーマに全日遊連・阿部恭久理事長、日遊協・庄司孝輝会長、日工組・金沢全求理事長、日電協・里見治理事長、同友会・松田高志代表理事の5氏によるパネルディスカッションも行われた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると