中国遊商が広島市で瓦礫、土砂の撤去

投稿日:

作業に従事する中国遊商関係者。

 中国遊技機商業協同組合は9月11日、12日の両日、8月に広島市内で発生した、豪雨による土砂災害で被害を受けた家屋から、瓦礫、土砂等を除去する作業に従事した。

 組合員やその従業員など2日間で延べ46名が参加。広島市の土砂災害では死者74名、建物の全半壊が255棟、一部損壊が175棟など甚大な被害が発生している。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると