パチスロの試験方法変更、高純増タイプ困難に

投稿日:

 グリーンべるとが入手した情報によると、9月16日の型式試験よりパチスロの試験方法を変更し、実射試験がもっとも出玉率の低くなる停止順で行なわれる形に改められる意向が当局より示されている。現行主流のボーナス非搭載のAT・ARTへの影響は避けられないと見られる。

 現在の機種の多くはAT・ART中の純増枚数と通常遊技中のベースを両立させるため、特定の停止順での小役入賞率が高くなるように設計されている。このためもっとも出玉率の低くなる停止順で遊技した際には規定上の出玉率下限値(55%)をクリアできない可能性が指摘されている。

 これまでの試験では、停止順は任意(実際の遊技で想定される停止順)で行なわれていた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると