キャラホビ展で「涼宮」、「ファフナー」をアピール

投稿日:

2年連続の出展となったSANKYOブース。

 SANKYOは8月23日、24日に幕張メッセ国際展示場で開催されたキャラクター&ホビーの総合イベント「キャラホビ2014 C3×HOBBY」に企業ブースを出展した。

 昨年に続いて2回目の出展となった今ブースでは、今年8月にホール導入された『フィーバー涼宮ハルヒの憂鬱』と今後発売予定の『パチスロ蒼穹のファフナー』を紹介。実機を4台ずつ展示し、著名コンテンツとパチンコ・パチスロのコラボレーションをアピールした。

 また、『フィーバー涼宮ハルヒの憂鬱』の図柄をつかみ取る脳トレゲーム「神人撃破チャレンジ」なども実施。子供から大人まで楽しく遊べる参加型のアトラクションで、アニメコンテンツファンが集う本イベントを盛り上げた。

 その他、SANKYO関連コンテンツとして、テレビアニメ「ノブナガ・ザ・クール」と「M3」に登場するロボットフィギュアを展示。いずれのロボットもマクロスシリーズなどを手掛けた河森正治氏がメカニックデザインを担当しており、インパクトのある大型フィギュアに来場者の注目が集まっていた。

 ブース来場者にはオリジナルノベルティグッズもプレゼントされた。

  • ブース外側に計8台の実機を展示。来場者らにアピールした。

    ブース外側に計8台の実機を展示。来場者らにアピールした。

  • 離れた位置から手を動かし、図柄をつかみ取る脳トレゲームを開催。

    離れた位置から手を動かし、図柄をつかみ取る脳トレゲームを開催。

  • SANKYO関連コンテンツとして展示された「ノブナガ・ザ・クール」のロボットフィギュア。

    SANKYO関連コンテンツとして展示された「ノブナガ・ザ・クール」のロボットフィギュア。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると