WIN NET TECHNOLOGYが倒産へ

投稿日:

 遊技機の企画・販売を行い、近年では「メガミリオネア」などを発表していたWIN NET TECHNOLOGY(株)が、6月23日に東京地裁より破産手続き開始の決定を受けていたことがわかった。帝国データバンクの大型倒産速報が伝えている。

 自社開発のパチスロ機の売上げが低調に推移する中で、開発費などの先行投資から有利子負債が膨らみ、資金繰りが悪化していたと見られる。営業所の閉鎖や人員削減、金融機関への返済条件の変更要請などで立て直しを図ったが実らず、債務者への弁済が行えなかった。5月20日に債権者から東京地裁に、同社の破産が申し立てられていた。負債総額は2013年3月末時点で約29億7000万円だという。

 また、関連会社の(株)メテオも同日付けで、東京地裁より破産手続き開始の決定を受けている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると