風評被害への賠償でPGMに特別利益

投稿日:

 平和は12月16日、同社連結子会社のPGMホールディングスが福島第一原発事故によって受けた風評被害をめぐり東京電力に行なっていた賠償請求の一部に和解が成立。12月9日に約11億円を受領したことを報告した。

 和解金はPGMホールディングスの2013年12月期(2013年1月?12月)第4四半期(2013年10月?12月)に特別利益として計上された。同社では第2四半期(2013年4月?6月)にも補償金を受け取っており、今回の和解金とあわせた合計は約13億円となっている。

 PGMホールディングスは全国に120を超えるゴルフ場を保有。今回の一部和解は同社子会社のPGMプロパティーズなど3社と東電とのあいだで成立した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると