参加人口、再度落ち込み1260万人に(一部訂正)

投稿日:

 公益財団法人日本生産性本部が「レジャー白書2012」を発表、10月29日に都内で記者発表を行った。

 余暇市場全体の規模は64兆9000億円で前年比4.5%の減少。

 パチンコ業界関連の指標では市場規模が前年比2.5%減少の18兆8960億円。また、1年間の間に1回でもパチンコで遊技した人をカウントする参加人口は1260万人で、前年に比べ410万人と大幅に減少した。

 これは近年でも最低の数値となっており、下落傾向から踊り場的な推移を見せていたここ数年から、さらに落ち込むという危機的な状況にあると言えそうだ。参加希望率(現在そのレジャーに参加しているか否かを問わず今後参加したい人数を示す指標)も7.7%と現参加率を下回っており、将来に向けてはより強い危機感を持つ必要がある。

 なお、年間の活動回数は27.8回と前年より増加、ひとりあたりの年間平均費用も9万3700円で前年より増加している。

(訂正箇所)前回配信では年間平均費用が前年より減少したと記載しましたが、前年に年間平均費用は7万7100円で本年は前年より増加しています。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると