夢コーポがサーフィン「プロアマカップ」を主催

投稿日:

優勝した林選手(左)に賞金プレートを手渡す加藤英則社長。

 夢コーポレーション(愛知県豊橋市)が主催するサーフィン大会「2012 YUMEYA 伊良湖 プロアマカップ」が7月22日、愛知県田原市の太平洋ロングビーチで開かれ、国内外のプロ・アマ選手ら計48名が華麗な技を競い合った。

 3回目となる今大会には、国内トッププロから世界クラスの外国人選手、地元のアマチュア選手が出場。被災地で活躍するプロのエントリーもあった。また、今大会からレディースクラスを開催。男子プロに負けない力強い華麗なライディングを披露し、会場を盛り上げた。

 32名が出場した男子クラスでは林健太選手が昨年に続き2連覇。16名がエントリーしたレディースクラスでは野呂玲花選手が優勝した。賞金は男子優勝50万円、女子優勝15万円など総額150万円となった。

 また、当日は選手を含め来場者約200人が会場周辺の砂浜に漂着したゴミを集めるビーチクリーンを実施した。

 同社ではサーフィンを通じて、青少年の健全育成や自然環境の保全に貢献したいという。

    -業界ニュース

    © 2021 グリーンべると