神奈川県遊協がホール営業の休業を要請

投稿日:

 神奈川県遊協では3月14日、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、東京電力による計画停電の実施など大幅な電力規制が行われることを受け、組合員に「東日本大震災に伴うホール営業の休業について」、「東日本大震災に伴う節電対策について」の2点の要請を行った。

ホール営業の休業について
・3月15日から18日までの3日間、原則として休業措置をとること
・但し、諸般の事情により営業する場合でも、営業時間は風営法上の営業時の中で開店から閉店まで6時間以内とすること

節電対策について
・屋外広告、看板等の一切の消灯
・営業活動上支障のない範囲内での施設、店舗内照明の節電
・暖房温度の2度程度の設定緩和
・自動販売機の照明の消灯
・テレビ広告、折込みチラシ等での広告宣伝の中止

 以上を各組合員に文書にて要請した。また文書では「国民・市民感情を考慮した適正な営業活動」、「組合員として斉一した営業活動」を行うことを呼びかけている。なお、同県遊協では今後の対応について、全日遊連から具体的対応の通知があれば、統一して対応していく方針を示している。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると