三洋物産が国際ライフセービング大会を主催

投稿日:

 三洋物産では9月1日、神奈川県の片瀬西浜海水浴場において、ライフセービングの国際競技大会「三洋物産インターナショナルライフセービングカップ2007」を主催した。

 同社は昨年から特定非営利法人日本ライフセービング協会とオフィシャルパートナーシップ契約を締結しており、昨年に続き2回目の開催となった。

 大会当日、同社・盧昇取締役は「私どもは海にちなんだ製品の展開をしており、恩返しをしたいという思いからご協力させて頂いている。今後も国際大会への支援を通じて皆様の活躍に寄与していきたい」と今後も活動支援を行う意向を示した。

 競技は日本(A代表、U-22代表)、オーストラリア、アメリカ、南アフリカ、イギリスの5カ国が参加。ボードレスキュー、ビーチフラッグスなど計6種目を個人、団体で競い合った。

 競技結果は、世界ランキング1位のオーストラリアが総合優勝し2連覇を飾った。同ランキング7位の日本代表は女子A代表がレスキューチューブレスキューで優勝したほか、他の種目でも2、3位に入賞。また、男子ビーチフラッグスではA代表の植木将人選手が優勝。総合成績では日本A代表が昨年に続き3位と健闘した。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると