景品交換所を狙った強盗事件相継ぐ

投稿日:

 全日遊連情報室の事件関連参考情報によると、4月5日、7日、8日と立て続けに景品交換所を狙った強盗事件が発生している。以下は各事件の状況。

 4月5日 三重県松坂市 10時20分頃 景品交換所の経営者が、営業を開始するため交換所に入ろうとしたところ後ろからつけてきた男性に襲われ、営業用の現金400万円の入った手提げバックを奪われた。

 4月7日 東京都江東区 14時頃 景品交換所の女性従業員が休憩のためドアを開けたところ刃物を持った男性が押し入り、「金を出せ」と脅し金庫から1100万円を奪って逃走した。

 4月8日 埼玉県戸田市 午前中 警察署員を名乗る男性がパーラーに電話をかけアンケートと証し景品業者の名前と電話番号を聞きだし、その後、景品交換所に税務署の職員を名乗る男性が現れ従業員に対し「お金を調査するので、お札を出してほしい」と言い、これを信じた従業員がお金をそろえたところ男性に現金130万円を持ち去られた。

 特に8日の事件に関しては昨年より埼玉県内で同様の不審電話があり、埼玉県遊協は対応策を通知すると共に注意を呼びかけていた。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると