マルホンが新要件機7タイプを発表

投稿日:

 マルホン工業では11月10日、パチンコ新機種『CRウッディ・ウッドペッカー』シリーズの発表展示会を全国各拠点において開催した。同社初の新要件機となる同シリーズは、大当たり確率が491分の1から236.3分の1まで多様なラインナップの7機種を揃えている。

 同機はアメリカの人気キャラクターとしてアニメでも放映された『ウッド・ペッカー』とのタイアップ機で、新枠『ニュースパークモデル』第1弾として10インチの超大型SVGAを搭載。また同社初のプッシュボタンを搭載し、ボタン使用タイミングは変動開始時、リーチ中の他に自分の好きなリーチを選ぶ際に使用する点が特長。納品は12月12日よりスタートする予定。

 シリーズ7機種は次の通り。
●フルスペックタイプの『FZ7』(大当たり確率1/491、確変突入率72.6%、フル時短、出玉約2025個)
●従来機と同じ初当たりにしながら確変確率を10倍アップさせ、スピード感が加わった『FZ5』(大当たり確率1/307、確変突入率50%、フル時短、出玉約2025個)
●『FZ7』より初当たりを甘くした『EX7』(大当たり確率1/431、確変突入率70.7%、フル時短、出玉約2025個)
●『EX7』と『FZ5』の中間的な位置付けの『EX6』(大当たり確率1/349、確変突入率59.5%、フル時短、出玉約2025個)
●出玉を抑え、特賞確率と確変突入率を重視した『HK』(大当たり確率1/239.5、確変突入率72.6%、フル時短、出玉約750個)
●3回ワンセットタイプの『ST3』(大当たり確率1/491、3回セット終了後100回の時短付き、出玉約2400個×3回)
●確変非報知タイプの『DD』(大当たり確率1/236.3、確変突入率80.6%、全図柄70回転の時短付き、確変転落確率1/99.5、出玉約2025個)

    -新台

    © 2021 グリーンべると