アビリットから初の液晶パチスロ機

投稿日:

 アビリットは10月5日、同社初の液晶搭載パチスロ機『サイボーグ009』を発表した。

 この『サイボーグ009』は故石森章太郎作の日本漫画史上屈指のSF漫画が原作。最近では2001年から02年までTVで放映されておりファンの認知度は高い。キャラクターも0歳ながら予知能力を持った「イワン・ウインスキー」、マッハ5で飛行できる「ジェット・リンク」、主人公の009本人である「島村ジョー」など、サイボーグ戦士が勢ぞろいしている。

 通常プレイ中は「張々湖飯店」「ドルフィン号コクピット」「ギルモア博士邸」の3種類の初期画面からの豊富なナビ演出、発展演出が期待感をそそる。各ナビ演出で「CHANCE!」が出ると継続演出の冒頭の1シーンを抽選、その後「サイボーグ0010」「サイボーグ0011」と対決し相手を倒すかサイボーグ戦士が全員集合すればボーナス獲得となる。最大のポイントは『加速装置』の発動で、「加速装置!」というセリフとともに特殊能力加速装置が起動すれば、次回ビッグボーナスが間近となる。

 スペックはAタイプで、ビッグボーナス平均400枚、加速モード突入で2000枚程度の獲得が可能。納品は11月6日前後の予定。

-新台

© 2021 グリーンべると